レコードメイン画像:MONO 6eye 深溝 USオリジナル ART FARMERとの2ホーン GERRY MULLIGAN What Is There To Say? ('59 Columbia) Bill Crow, Dave Bailey
レコードサブ画像:1
レコードサブ画像:2
レコードサブ画像:3
Artist
GERRY MULLIGAN
Title
What Is There To Say?
Label
Columbia / CL 1307
Year
1959年
Format
LP

MONO 6eye 深溝 USオリジナル ART FARMERとの2ホーン GERRY MULLIGAN What Is There To Say? ('59 Columbia) Bill Crow, Dave Bailey

価格:3,000円 (税込3,240円)

COMMENT

マリガン&ファーマーが組んだ2ホーンのピアノレス・カルテットでの演奏です。
冒頭のタイトルナンバーや、"My Funny Valentine" でのリラックス感に溢れた神妙に心地よいスローから、スウィングまで巧妙なアンサンブルを展開しております。Gerry Mulligan(bs) Art Farmer(tp) Bill Crow(b) Dave Bailey(ds)

USオリジナル 6eye 深溝 MONO 盤は概ね良好!

CONDITION

[JACKET] vg+
上辺に3割りほどの割れ、透明のテーピングあり。

[RECORD] vg++/vg++[vg+] (AT MONO 3での評価)
B-3の半ばに軽いスレキズ少しあり、散発の小さなチクポツ数回あり。
それ以外は薄い針キズやマーク少々程度で殆どは問題なく十分概ね良好に聴けます。

TRACKLIST

A1 What Is There To Say?
A2 Just In Time
A3 News From Blueport
A4 Festive Minor

B1 As Catch Can
B2 My Funny Valentine
B3 Blueport
B4 Utter Chaos

検盤システム
モノラルは "AT MONO 3” での評価です。


TOPへ