レコードメイン画像:【A.T.C.Q/Can I Kick It? ネタ】US 7インチ LOU REED Walk On The Wild Side / Vicious ワイルド・サイドを歩け N.Y.クラシック 人気曲!
レコードサブ画像:1
レコードサブ画像:2
Artist
LOU REED
Title
Walk On The Wild Side / Vicious
Label
RCA Victor / GB-10162
Year
1975年
Format
7

【A.T.C.Q/Can I Kick It? ネタ】US 7インチ LOU REED Walk On The Wild Side / Vicious ワイルド・サイドを歩け N.Y.クラシック 人気曲!

SOLD OUT

COMMENT

デヴィッド・ボウイと当時ボウイのバンドにいたミック・ロンソンがプロデュースを担ったルー・リードを代表するソロ2枚目の傑作『Transformer』のカット・シングル!A.T.C.Q./Can I Kick It?ネタとしても知られるN.Y.クラシック "Walk On The Wild Side"、アルバムの冒頭を飾ったルー流のストレートなロックナンバー "Vicious" をカップリングした7インチ。

US 7インチ (Vinyl仕様) 45RPM.
GB規格の'75年リリース盤です。

CONDITION

[JACKET] -
ブランク厚紙スリーヴを付属します。

[RECORD] vg+++/vg+(+) PLAYS FINE
Walk On The Wild Side : vg+++ 表面上の極薄いマークを少し確認できる程度で再生ともに十分良好です。

Vicious : vg+(+) 前半に軽い針キズ一つ確認できましたが、特に問題ないです。それ以外は表面上の極薄いマークを少し確認できる程度で再生ともに十分良好です。

TRACKLIST


A : Walk On The Wild Side
B : Vicious

検盤システム
モノラルは "AT MONO 3” での評価です。


TOPへ