レコードメイン画像:【A.T.C.Q/Can I Kick It? ネタ】US 7インチ LOU REED Walk On The Wild Side / Vicious ワイルド・サイドを歩け N.Y.クラシック 人気曲!
レコードサブ画像:1
レコードサブ画像:2
Artist
LOU REED
Title
Walk On The Wild Side / Vicious
Label
RCA Victor / GB-10162
Year
1975年
Format
7

【A.T.C.Q/Can I Kick It? ネタ】US 7インチ LOU REED Walk On The Wild Side / Vicious ワイルド・サイドを歩け N.Y.クラシック 人気曲!

SOLD OUT

COMMENT

デヴィッド・ボウイと当時ボウイのバンドにいたミック・ロンソンがプロデュースを担ったルー・リードを代表するソロ2枚目の傑作『Transformer』のカット・シングル!A.T.C.Q./Can I Kick It?ネタとしても知られるN.Y.クラシック "Walk On The Wild Side"、アルバムの冒頭を飾ったルー流のストレートなロックナンバー "Vicious" をカップリングした7インチ。

US 7インチ 45RPM. 良好盤!!
GB規格の'75年リリース盤。バックノイズなく音質も綺麗です。

CONDITION

[JACKET] -
ブランク厚紙スリーヴを付属します。

[RECORD] vg+++/ex-
Walk On The Wild Side : vg+++ 表面上の軽微な薄いスレを少し確認できる程度で再生ともに十分良好です。

Vicious : ex- 問題なく綺麗な美盤です。

TRACKLIST


A : Walk On The Wild Side
B : Vicious

検盤システム


TOPへ