レコードメイン画像:【完全オリジナル・INC無し・青ラージ】JEAN THIELEMANS Man Bites Harmonica ('58 Riverside) Pepper Adams, Kenny Drew, Art Taylor ほか
レコードサブ画像:1
レコードサブ画像:2
レコードサブ画像:3
Artist
JEAN THIELEMANS
Title
Man Bites Harmonica
Label
Riverside / RLP 12-257
Year
1958年
Format
LP

【完全オリジナル・INC無し・青ラージ】JEAN THIELEMANS Man Bites Harmonica ('58 Riverside) Pepper Adams, Kenny Drew, Art Taylor ほか

SOLD OUT

COMMENT

エヴァンス・トリオとの共演などでも知られる異色のハーモニカ奏者ジャン(トゥース)・シールマンス名義で残した傑作です。
まるでホーンのように奏でるシールマンスのプレイと共にフロントのペッパー・アダムスとの相性も素晴らしいまさに通好みと言える隠れた名盤!A3, B3では余技とは思えないギターを披露しており、A4ではハーモニカ&ギターを持ち替えたプレイなどシールマンスの魅力がたっぷりです。

Jean Thielemans(harmonica/g) Pepper Adams(bs) Kenny Drew(p) Wilbur Ware(b) Art Taylor(ds)
Producer : Orrin Keepnews, Cover : Paul Bacon

US 完全オリジナル 初版 INC無しの初期青ラージLbl. 深溝 MONO PAT#スタンパー 553Westアドレス・コーティングJK
ほぼ美再生の良好盤で、バックノイズなく音質もとても綺麗です。
モノラルの初回プレスではコレくらいのコンディションでも中々見つかりません。

CONDITION

[JACKET] vg++
上下辺にそれぞれ4.5CM/1CMほどの割れあり。
それ以外は特に目立った損傷なく十分概ね良好です。


[RECORD] ex-/ex-[vg++] (AT MONO 3での評価)
B-1の前半に光の当て方で微妙にわかる程度の薄いスジ?少し確認できますが、出だし前の無音部でスッと1回/曲中は極小のツッと僅かでさほど問題ないありません。まずストレスはないと思います。それ以外は表面上の極薄いスレマークを少し確認できる程度でほぼ美盤!再生ともに十分良好です。

TRACKLIST

A1 East Of The Sun
A2 Don't Blame Me
A3 18th Century Ballroom
A4 Soul Station

B1 Fundamental Frequency
B2 Strutting With Some Barbecue
B3 Imagination
B4 Isn't It Romantic

検盤システム


TOPへ