レコードメイン画像:ART FARMERとの2ホーン!USオリジナル MONO 初版 6eye 深溝 GERRY MULLIGAN What Is There To Say? ('59 Columbia) Dave Bailey
レコードサブ画像:1
レコードサブ画像:2
レコードサブ画像:3
Artist
GERRY MULLIGAN
Title
What Is There To Say?
Label
Columbia / CL 1307
Year
1959年
Format
LP

ART FARMERとの2ホーン!USオリジナル MONO 初版 6eye 深溝 GERRY MULLIGAN What Is There To Say? ('59 Columbia) Dave Bailey

SOLD OUT

COMMENT

マリガン&ファーマーが組んだ2管フロントのピアノレス・カルテット編成です。
冒頭のタイトルナンバーや、"My Funny Valentine" でのリラックス感に溢れた神妙に心地よいスローから、爽快スウィンギーな演奏まで巧妙なアンサンブルが聴きどころです。
Gerry Mulligan(bs) Art Farmer(tp) Bill Crow(b) Dave Bailey(ds)

USオリジナル 初版 6eye 深溝 MONO
一部キズによるノイズあるため特価ですが、殆んどは綺麗で良好です。
spacer

CONDITION

[JACKET] vg+
上下辺オープンサイドにそれぞれ4割ほど/4.5CMほどの裂けあり。

[RECORD] ex/ex[vg+] (AT MONO 3での評価)
B1後半からB2前半にかけてヘアライン状の擦り傷一部見られ軽微なノイズですがちょこちょこと周期ノイズ入るとこあります。
ノイズは殆んど小さなもので針飛びなどもありません。
それ以外は両面とも ex 綺麗で良好です。
spacer

TRACKLIST

A1 What Is There To Say?
A2 Just In Time
A3 News From Blueport
A4 Festive Minor

B1 As Catch Can
B2 My Funny Valentine
B3 Blueport
B4 Utter Chaos

検盤システム


TOPへ