レコードメイン画像:Cut無し w./シュリンク USオリジナル MARLENA SHAW Who Is This Bitch Anyway? ('75 Blue Note) DAVID T. WAKER参加 70's 名作
レコードサブ画像:1
レコードサブ画像:2
レコードサブ画像:3
Artist
MARLENA SHAW
Title
Who Is This Bitch, Anyway?
Label
Blue Note / BN-LA397-G
Year
1975年
Format
LP

Cut無し w./シュリンク USオリジナル MARLENA SHAW Who Is This Bitch Anyway? ('75 Blue Note) DAVID T. WAKER参加 70's 名作

SOLD OUT

COMMENT

名門ブルーノートに残されたソウルジャズ・シンガー、マリーナ・ショウ屈指の名作です。
バックにデヴィッド T. ウォーカーらが参加した'70年代のBNらしいソウルフルなサウンドで、ウォーカーのファンキーなギターと共に力強く歌い上げる "Street Walkin' Woman"、メロウ・クラシック "Feel Like Makin' Love" のカヴァーほか、沁みるバラッド "You Taught Me How To Speak In Love" 等々アルバム通して最高の一枚。

USオリジナル 初版 音符青ベタLbl. KENDUN刻印あり w./シュリンク Cut無し 概ね良好!

CONDITION

[JACKET] vg+++
シュリンク破れありますが、ちぎれてはないのでほぼ全体に残ってる状態です。
上辺オープンサイドに7ミリほどの小さな割れを僅かに確認できるくらいで十分良好です。


[RECORD] vg++/vg+(+)
表面上の軽度のスレはそれぞれ少々/多少散見できますが、目立つキズはなく殆どはノイズに影響ない表面上の薄いものです。
再生はA-1出だし前のトークの部分で微細なチリ少々。それ以外は部分的に軽微なノイズを少し感じるとこは確認できましたが、全体の大半部は問題なく十分概ね良好です。

TRACKLIST


A1(a) Dialogue: You, Me And Ethel
A1(b) Street Walkin' Woman
A2 You Taught Me How To Speak In Love
A3 Davy
A4 Feel Like Makin' Love
A5 The Lord Giveth And The Lord Taketh Away

B1 You Been Away Too Long
B2 You
B3 Loving You Was Like A Party
B4 A Prelude For Rose Marie
B5 Rose Marie (Mon Cherie)

検盤システム


TOPへ