レコードメイン画像:対話が愉しいレアなStereoの良好盤!! 6eye 深溝 USオリジナル GERRY MULLIGAN What Is There To Say? (Columbia CS 8116) w./ART FARMER
レコードサブ画像:1
レコードサブ画像:2
レコードサブ画像:3
Artist
GERRY MULLIGAN
Title
What Is There To Say?
Label
Columbia / CS 8116
Year
1959年
Format
LP

対話が愉しいレアなStereoの良好盤!! 6eye 深溝 USオリジナル GERRY MULLIGAN What Is There To Say? (Columbia CS 8116) w./ART FARMER

価格:5,800円 (税込6,380円)

COMMENT

マリガン&ファーマーが組んだ2管フロントのピアノレス・カルテット編成です。
冒頭のタイトルナンバーや、"My Funny Valentine" でのリラックス感に溢れた神妙に心地よいスローから、爽快スウィンギーな演奏まで巧妙なアンサンブルが聴きどころです。
Gerry Mulligan(bs) Art Farmer(tp) Bill Crow(b) Dave Bailey(ds)

USオリジナル 初版 6eye 深溝 Stereo 良好盤!! ビニール製のロゴ入りオリジナルカンパニースリーヴも付属です。
本盤に於けるステレオ盤は左右それぞれでフロント二人の対話を愉しめるような、コチラのステレオの評価も高く好む方も多くとてもおすすめです。
初回プレスのステレオで良コンディションの盤質は意外とみかけません。モノラルより断然レアな印象です。

CONDITION

[JACKET] vg+
上下辺にそれぞれ3割/2割ほどの裂けあり。

[RECORD] ex-/vg+++
side-A : ex- 表面上の極薄いスレマークを少し確認できる程度でノイズも極少、再生ともに十分良好です。

side-B : vg+++ 1曲目に軽微な針キズ?ちょこっと確認できましたが、薄いもので特に問題ないです。
それ以外は表面上の極薄いスレマークを数本確認できる程度でノイズも極少、再生ともに十分良好です。

TRACKLIST

A1 What Is There To Say?
A2 Just In Time
A3 News From Blueport
A4 Festive Minor

B1 As Catch Can
B2 My Funny Valentine
B3 Blueport
B4 Utter Chaos

検盤システム


TOPへ